米の娘ぶた「おいしさのひみつ」

健康・安全・安心な豚肉「米の娘ぶた」は衛生管理も万全

「米の娘ぶた(こめのこぶた)」は、安全衛生にも細心の注意を払っています。
豚肉の安全性を保つためには、牧場での衛生管理はもちろんのこと、カット工場の衛生管理も同じくらい重要になります。

「米の娘ぶた(こめのこぶた)」は、食品安全マネジメントシステムの国際標準規格である「ISO22000」を認証取得した工場株式会社大商ミートセンターで各部位ごとカットしていますので、安全な豚肉を提供できるのです。
※ISO22000とは、HACCPの規格・基準にISO9001のマネジメントシステムを組み合わせた、新しい食品安全の国際基準です。

ISO22000認証取得工場

大商ミートセンター」は、山形県の庄内地方にあると畜場「庄内食肉流通センター」と建物が併設していますので、と畜から枝肉のカット、部分肉の製品出荷まで外気に触れることなく完結でき、高いレベルの安全性を保つことが可能なのです。

大商ミートセンターの徹底した衛生管理体制の一部

・全ての作業室を15℃以下で管理し肉の表面温度の上昇を防止
・作業開始1時間毎にゴム手袋交換とナイフ・シャープナーの殺菌
・まな板の交換頻度を2時間で一回実施
・休憩時に、使用したナイフ・シャープナーを殺菌槽(85℃以上の湯温)に浸透させ細菌を除去
・モニタリング記録を作成し決められた手順にて測定

豚肉のトレーサビリティ(生産履歴管理)システムで安心

「米の娘ぶた」は、トレーサビリティシステム(生産履歴管理システム)で、品種や飼料の特徴などすべて履歴を残してあります。
現在牛肉はトレーサビリティ(生産履歴管理)が法律で義務付けられていますが、豚肉は義務化されていません。
しかし、「米の娘ぶた」は、豚肉トレーサビリティシステムを全国で初めて導入した「大商ミートセンター」でカットしていますので、安心して食していただけます。

健康・安全・安心な豚肉「米の娘ぶた」はのカット工場である大商ミートセンター紹介ムービー

大商ミートセンター紹介ムービー

Flashプレーヤーのダウンロード

このページのトップへ戻る